フレッシュハーブを最適な状態で保存できる容器

自然派志向のライフスタイルがさらに注目されるようになり、食品、雑貨などの業界を中心に第2次ハーブブームが到来しています。
現在、日本ハーブ協会連絡協議会には約300を越える企業や個人が加盟し、買うハーブから育てるハーブへと消費者の楽しみも変化しているそうです。
新鮮なハーブは、薬用効果も高いため、その都度摘んで利用できるオシャレなハーブガーデニングも大流行。栽培しなくても、フレッシュハーブをスーパーなどで購入する方も多いと思います。
フレッシュハーブを購入した場合のポイントは、やはり保存方法。
ハーブセイバー通常、約3日間で香りも色も変化してしまうハーブを、生け花のように水差しにいれても、葉先はどうしても変色してしまいます。どうしたら、もっと上手にハーブを保存できるのかを考えていたある日、ロスドレスフォーレスで、ハーブを新鮮なまま3週間保存できるプレパラ(Prepara)社のハーブセーバーを見つけました。


こちらは、適度な量の水に浸された縦置き状態でフレッシュハーブを冷蔵庫に保存できるアイテム。洗練されたフォルムと黄緑と白の色合いのセーバーは、まるで冷蔵庫の中のミニガーデンのようです。
使用方法は、まず取り外し可能なステンレストレイにハーブのせて水洗いしてから、プラスティックのカバーで挟み、スタンドにセット。その後、必要に応じて注水口から水を注ぎます。こちらのケースは、工夫次第でアスパラガスや様々な植物を最適な状態でキープする事も可能。
お値段は$12.99と通常販売価格$25.00の約半額。
サイズは、185.5(横幅)X333(高)X60(奥行)mm。
料理するときにいつも新鮮で、香り高い食事を楽しみたいハーブ好きの方にお勧めです。
prepara herb-savor
www.prepara.com/herb_savor.php
ROSS DRESS FOR LESS
問い合わせ先: 647-7677

コメントをどうぞ