フォートナムメイソンのフルーツティー

イングランドとウェールズにスコットランドが加わり、英国が生まれた年である1707年、ウィリアム フォートナムとヒュー メイソンという2人の青年の出会いから始まった小さなグローサリーショップは、ウィリアム氏がアン女王の王室従僕であったことをきっかけに、王侯貴族や上流階級に愛され、300年経た今も英国の誇りとしてその伝統を守り続けているロイヤルワラントの「フォートナムメイソン」。
ロイヤルワラント(英国王室御用達の称号)は、王室御用達商人委員会による数々のきめ細かく厳格な審議、及びロイヤルファミリーによる最終承認に適合したものだけが授与される名誉ある称号。フォートナムメイソンは、この称号を数多く保持し、現在も、エリザベス女王2世とプリンス オブ ウェールズ(チャールズ皇太子)の2つのロイヤルワラントを保持しています。
DFSギャラリアグアム内のギフトコーナーでは、この「フォートナムメイソン」を取扱っており、先月から定番の紅茶とは、ひと味違うフルーツの香りが加わったブラックティーwithフルーツを販売しています。


種類は、林檎の優しい香りとほのかな甘さのアップル、ストロベリーの自然な香りが爽やかな仕上がりのストロベリー、エキゾチックで甘い香りのマンゴーの3種類(各$18.00/125g)。甘めの紅茶がお好きな方はハチミツを入れたり、アイスティーにしても美味しくいただけます。
気分をリフレッシュしてくれそうなフルーツティーで、ロンドンピカデリーの老舗「フォートナムメイソン」のゆったりとした贅沢なひとときを過ごしてみませんか?
Fortnum & Mason UK – Experts in food hampers and gift hampers
www.fortnumandmason.com
DFS Galleria Guam
www.gvb.com/dfsguam/

コメントをどうぞ